院内研修〜加齢黄斑変性〜

310212勉強会

昼休憩は参天さんとバイエルさんがおいでになり加齢黄斑変性の解説とその治療ついてお話しくださいました。コメディカルさん向けの内容で新しいスタッフさん達にはちょうど良い勉強になったようです。お忙しい中有難うございました。


院内研修〜眼内レンズ(テクニス)〜

310205勉強会

昼休みはJ&J vision(AMO)の担当さんがおいでになり、同社の眼内レンズテクニス全般について解説してくださいました。
現在当院で最も使用させていただいているレンズがテクニスシリーズになります。(プリセット型シングルピース、乱視矯正、多焦点)
こだわりの製法や素材の光学的優位性など全般の解説と、レクチャー後も個別に色々と最近の多焦点眼内レンズ(他社さん含む)の動向について伺いました。お忙しい中ありがとうございました。



第42回日本眼科手術学会学術総会へ

310203手術学会 310203手術学会1

石倉副院長に診療をお願いして、金曜早朝から横浜へ。第42回日本眼科手術学会へ参加してきました。
最近大きな学会へ参加すると東京(国際フォーラム)か京都(国際会館)の事が多く、ひさしぶりのパシフィコ横浜でちょっとワクワクします。
幸いの好天に気温もほどほど、景色も最高でホテルから会場の行き帰りも気分がよいです。

310203手術学会2
会場からの景色。綺麗です。

今回も白内障手術をメインで聞いてきました。
一番はやはり多焦点眼内レンズ関連。多焦点レンズは患者さんの期待も過剰になりがちなこともあり、術後満足度でトラブルを抱える場合もあります。高名な先生方のお考えや患者さんへの説明方法、レンズ選択など非常に参考になりました。マイクロモノビジョンで明視域を拡大する、先行眼での測定値や患者さんの感想を聞いてから反対眼IOLを最終決定する等当院でも気をつけているテクニカルなお話のほか、患者さんとの信頼の築き方のお話もありました。診療時の適切な立ち居振る舞い会話術のお話などもあり手術説明のみならず診療全てに通用する内容でした。ちょっと普段の診療態度を反省しました。
また今回の目的の一つ、参天から近日発売になる眼内レンズ「レンティスコンフォート」についても勉強してきました。一応多焦点レンズの範疇に入るレンズですがなんと保険適応の通常レンズ扱いとなっています。文節型のプレートレンズでこれまで当院で採用しているレンズとは形が違いますし、計算式もSRK/T式ではなくHaigis式推奨とのこと。当院でも採用予定ですのでランチョンセミナー等重点的に見聞きしてきました。

そのほか白内障手術の基本手技のセッションも久々に聴講して見ました。わかっているつもりでもやはり再確認すべき注意事項、手順というのはありますね。普段何気なく無意識にしている事も改めて画像や解説で聴くと「おお、なるほど」と再発見があり勉強になりました。

久しぶりに同期の先生にも会いましたが出会うなり「おおっ人相かわってるぞ?」って。やばい、痩せねば・・・と思いつつも夜ごはん御一緒しました。たのしくてちょっと飲みすぎ、ますますやばいです。

310203手術学会3
会場近くにあった巨大スヌーピー。
筋肉ゴリラな肉体とスヌーピーLoveな乙女心を合わせ持つ長男坊にお土産買って帰りました。


第11回山陰手術談話会

310126談話会

土曜日の夜は松江赤十字病院で開催された「第12回山陰手術談話会」へオペ担当の看護師さんと参加してきました。
手術関連のみならず、一例報告、日常診療で困った症例などざっくばらんにディスカッションが行われる面白い会です。
特別講演では角膜内皮減少と関連して、閉塞隅角緑内障治療のLI(レーザー虹彩切開術)の是非についてのお話があり熱い議論が交わされていました。また島根大の先生から眼内レンズ強膜内固定のフランジ法の紹介もあり大変勉強になりました。



新年会&歓送迎会

310125新年会1

金曜日の診療後、「GIARDINO」さんで新年会&歓送迎会を行いました。歓送迎会は寿退職される看護師さん1名と新たに仲間に加わってくださった事務さん2名です。ビンゴゲームなどもあり楽しい時間でした。幹事さんありがとうございました。

310125新年会3310125新年会4
院長当選のビンゴ商品。これは一体!?
どうしたものでしょうか・・・

310125新年会2
寿退職の看護師さん。花束贈呈ではちょっとホロリ。
お疲れさまでした。お幸せに!


院内研修〜ミケルナ配合点眼液〜

310113勉強会

昼休憩は大塚製薬さんがおいでになり、同社の緑内障治療薬であるミケルナ配合点眼液について解説してくださいました。
近年緑内障点眼は患者さんの負担を減らして点眼アドヒアランスを向上するため2種の点眼剤をまとめた配合点眼液が増えてきています。ミケルナもそのひとつでプロスタグランジン(PG)製剤であるラタノプロストとβブロッカーの組み合せとなります。同様の組み合わせの点眼は数種類ありますが他剤はβブロッカーがチモロールであるのに対しミケルナはカルテオロールとなります。角膜上皮に優しい事、薬価が安くて患者さん負担が少ない事などの長所も含めて、かいつまんでお話しくださいました。
ご多忙中ありがとうございました > 大塚製薬さん

桝水高原スキー場へ

310113桝水1

(日)は次男坊と2人で桝水高原スキー場へいってきました。無料駐車場おりたら即ゲレンデというお手軽さから我が家はよく利用しています。自宅でお昼ご飯を食べてからのんびり出発して30分後にはスキー板を履いているというちょっと驚異的なアクセス性です。上の方は初心者に毛が生えた程度のお父ちゃん&次男坊にはちょっぴり怖いくらいの斜度もありますし結構楽しいゲレンデです。
眼下に広がる日本海&弓ヶ浜は天気も良くて最高に綺麗でした。半日券を購入して次男坊と2人、時間いっぱい気持ちよく転んできました。筋肉痛やら打撲痛やら、なんかあちこち痛いです・・・。

310113桝水2
夕暮れ間近の景色も非常に綺麗でした。おすすめです。

眼科医局忘年会

土曜日は今年も鳥取大学眼科医局の忘年会にお誘い頂き、家族で島根県松江市美保関町の美保館へ。お料理はもちろん最高ですが、本館建物(文化財)の風情は一見の価値有りで何度お邪魔しても飽きません。本当にお勧めです。
幹事さん、お誘い&どうもありがとうございました。

3012122忘年会夜の青石畳通り

3012122忘年会1 3012122忘年会2
二階から。

3012122忘年会3 3012122忘年会4
玄関&一階奥から


アイドル不調

日曜は鳥取県眼科医会役員会参加のため愛車で倉吉市へ。ポンコツロードスター、最近信号待ち等でちょっと振動が大きいかな?と思っていたんですが、帰路エンジンが止まりそうになったりハンチング起こしたりと不安定になってしまいました。
とりあえず脇によせてひとまずアイドリング調整です。

301216短絡1

グローブボックスの底から昔使った金属クリップを発掘してDIAGNOSISのGNDTEN端子を短絡。補正が切れた途端アイドリングが500くらいまで落ちて今にも止まりそうになりました。あわてて800回転くらいに上げてみるとひとまず症状は治まっているようですが、またなにかトラブルの前兆のような気がして不安です。年末年始のお休みに時間が取れたら色々チェックしてみようとおもいます。



鳥取大学眼科同門会

301215同門会

土曜日は第35回鳥取県眼科学術講演会・第68回鳥取大学眼科同門会講演会へ参加してきました。
鳥取大学、近隣の先生方から11題の一般講演の後、特別講演は東邦大学主任教授の
堀裕一先生でした。糖尿病角膜症を中心としたお話から始まり、角膜上皮障害と角膜知覚神経、角膜温度との関係など新しいお話をたくさん頂戴しました。
堀先生は院長一家がボストン留学した際に大変お世話になった先生で、学生時代にボート部だったと伺い勝手に親しみを覚えさせて頂いていました。向こうで重なった時期は短かったんですが生活立ち上げで四苦八苦するなか、たくさんアドバイスをいただきました。
またお話ができて嬉しい限りでした。ありがとうございました。


院内研修〜エイベリス&ウェルウォッシュアイ〜

301207勉強会

昼休みは参天製薬の担当さんがおいでになり、同社が最近発売された緑内障新薬「エイベリス」と点眼型洗眼薬「ウェルウォッシュアイ」の説明会を開いてくださいました。
エイベリスは一般名オミデネパグ イソプロピル(長い・・)というそうですが、一応既存のプロスタグランジン(PG)製剤の範疇に入るものの全く新しい作用機序を持つ期待の新薬です。黄斑浮腫が起こりやすいようで白内障術後の方には禁忌であるなど若干注意すべきところもありますが、PG剤につきものの眼局所副作用(多毛、色素沈着、
DUES:上眼瞼溝深化、等)がないとのことで若い人や美容上気にされる方など、症例を選んで使えば良さそうです。なんにせよ選択肢が増えるのはありがたいです。
ウェルウォッシュアイは言ってみればホウ酸水で、目を洗うことに特化した点眼薬です。基本的に不要な洗眼は元来ある目の保護物質等も洗い流してしまいますので推奨してはいませんが、目になんらかが入った場合や花粉症等の場合には特にアレルゲンを洗い流す効果もあります。市販でアイボン等がありますがカップ型のものは眼周囲の汚染物質も入れてしまうため、これまではソフトサンティア等の人工涙液を使って頂くことが多かったです。専用の点眼ができたことでお勧めしやすいかと思います。
ご多忙の中、解説ありがとうございました。


冬支度

301207タイヤ交換301207タイヤ交換1

週末は寒気がやってきそうですし、また柔道の大会で口和(広島県庄原市)へ峠越えですので冬タイヤへ交換をしました。
MPVは相変わらずタイヤ重いです。次男坊の柔道投げられ役で悪化している腰にこたえます。
ポンコツロードスターは最近また車体下から「チリチリキリキリ・・」と季節外れの鈴虫が鳴いていましたのでジャッキアップついでにウマかけて下にもぐってみました。

301207タイヤ交換2-2
プッシュロッドの先がきちゃないことになってました・・。
タイヤ交換はお早めに!


院内研修〜眼瞼手術&まつげダニ〜

301127勉強会

火曜日の昼休憩は月例の院内勉強会。今回は石倉副院長が担当で眼瞼手術のお話と今流行り(?)のまつげダニ「デモデックス」の解説をしてくださいました。顔ダニやまつげダニ。そんなのがうねうねしてるかとおもうとぞっとしますが油っこい院長の顔にも多分たくさんいるのでしょう。
まつげエクステ等をつけていらっしゃると脱落をおそれて洗いが不十分になりダニが増えるケースも多いようです。毛根のあたりをきちんと洗うことがまず第一のようですが、目にしみない専用のアイシャンプー等もあるようです。勉強になりました。
本日のおたのしみ弁当もまたぴえろ弁当さん。久々にエビフライをいただきましたが、やっぱり美味しいです♡。




西日本少年柔道大会(廿日市)へ

301125西日本2

週末は広島県廿日市市で開催された西日本少年柔道大会へ。次男坊が開星柔道クラブとして参加です。
土曜夜に車で現地に移動し23時前会場着。次男坊と副院長は至近の道の駅(裏口)へ引き返して車中泊、お父ちゃんは
昨年同様会場前の階段で入場順番取りのため夜明かしです。前回いろいろ教訓と要領を得たので持っていく防寒具もやや洗練(?)されました。安物マミー寝袋と新兵器、寝袋カバーも導入。防寒機能↑↑だけでなく万一の雨でもへっちゃらです。寝袋本体より高いのが玉にキズです。昨年寒かった足も院長お昼寝グッズの一つモコモコ足カバーで保護。

301125西日本1これすごいあったかいです。

履いた姿は我ながらかなり不審ですがこれらのおかげでぬくぬく過ごせました。相変わらず階段は寝心地悪くて転げ落ちそうでしたが・・・。
中学生は今年は長男は3年生で出れない&修学旅行中でいないのですが後輩さんたちが大活躍。昨年長男坊が
66Kg級で3位をとって大喜びしていたんですが、今年はなんと50Kg級優勝!&73Kg級準優勝!。すごいです。おめでとうございます。

301125西日本3

小4の次男坊は団体戦、中学年のチームの大将として出場し初戦は一本勝ち、2戦目は引き分け、チームも2戦目で残念ながらの敗退でした。今回個人戦も出してもらえたのですが初戦は一本勝ち、二回戦で残念ながらの敗退でした。普段練習していることも少しずつ出せるようになっているようで、一回戦勝てただけでも随分進歩です。頑張れ次男坊!

301125西日本大外刈り!








ビジョンケアセミナー(品川)

301118ビジョンケア3

週末は東京へ。東京コンファレンスセンター品川で開催されたビジョンケアセミナーへ参加してきました。涙道診療からロービジョンケアまで、眼科多領域に渡って幅広く最新のお話を聴いてきました。
結構大きな全国学会にも参加させてもらうのですがどうしても自分が聴講したい内容ばかりに偏ってしまいます。四国アイランドセミナー瀬戸内眼科コロシアム新眼科診療アップデートセミナー(京都)など、これら眼科多領域に渡ってお手軽に勉強できる機会は非常にありがたいです。
最後のセッションはロービジョンケアで演者は井上眼科病院の井上賢治先生でした。視覚障害の患者さんを多く抱えながら、眼科医がなかなか適切にお手伝いができておらず患者さんが社会に出れずこもりがちなっておられる現状をお話されていました。開業医が多忙な日常診療の合間にロービジョンケアまで行うことは難しいですが、せめて適切なサポート窓口へ導いて差し上げる必要があります。現在日本眼科医会&各県眼科医会が眼科スマートサイトの整備を進めていますし、鳥取大学の方でもロービジョン外来が立ち上がるそうです。我々も積極的に関わっていかなくてはなりません。


院内研修〜抗VEGF療法、緑内障点眼〜

301113勉強会

昼休みはアルコンの担当さんがおいでになり網膜静脈分枝閉塞症(BRVO)に対する抗VEGF抗体療法のお話と、また同社も緑内障点眼の補助具を開発されたとのことでその紹介も頂けました。抗VEGF抗体療法のお話では製剤の構造の違いと全身合併症への影響、また黄斑浮腫後の視力予後不良に関係のある所見のお話を伺いました。また緑内障点眼はご高齢の方や手先の不自由な方(パーキンソン、リウマチ等)などは特に点眼困難が問題になります。これらの方は補助具を使用することで成功率を上げることが出来る場合があります。他社さんにもありましたが今回アルコンさんは2色準備されたとのことで、複数の点眼をされる方には間違い防止に良さそうです。ご多忙の中ありがとうございました >アルコンさん。
それぞれ自社の点眼にしか対応できないところはやむを得ませんが、汎用性のある「らくらく点眼」という補助具も当院では扱っておりますのでお困りの方はご相談ください。

第11回鳥取県中西部眼科研究会

301110JOY

土曜日夜はANAクラウンプラザホテル米子にて開催された第11回鳥取県中西部眼科研究会に参加してきました。
特別講演として岡山大学の内藤知子先生から「緑内障診療ブラッシュアップ」と題してのお話でした。点眼アドヒアランスにつづいて、先般改定となった緑内障ガイドラインも踏まえて早期緑内障である前視野緑内障(PPG)の治療についてのお話もありました。機器の発達により通常の視野検査で異常が出る前段階という早期で見つかる方も増えているのですが、治療を始めるタイミングに悩むこともしばしばです。眼圧や乳頭出血といった悪化の危険因子、また患者さんの余命との兼ね合いなど詳しく解説していただき大変勉強になりました
また以前出雲の研究会でも拝聴しましたが、現在第一選択薬であるプロスタグランジン(PG)製剤の副作用による治療の妨げのお話もまた詳しく伺うことができました。DUES(上眼瞼溝深化)による眼圧測定困難や、とくに眼瞼硬化による緑内障濾過手術後の成績不良は今後の日常診療で点眼薬を選択する上で大変参考になりました。ありがとうございました。


院内研修〜緑内障ガイドライン〜

301106勉強会1301106勉強会2

昼休みは千寿製薬の担当さんがおいでになり、先般改定になった緑内障ガイドライン第4版について解説してくださいました。概要と特に重要なポイントをかいつまんでお話くださり、スタッフさんにもわかりやすい内容だったと思います。
ご多忙の中、ありがとうございました。


院内研修〜小児麻酔〜

301023勉強会

火曜日の昼休憩は月例の院内勉強会。今回は多恵副院長が担当で先日参加してきた日本小児麻酔学会(神戸)報告をしてくれました。
当院での全身麻酔は基本的に小児がメインですので、子供さんを如何に不安にさせずに麻酔に持ち込むか?いつも多恵副院長はじめ、看護師さん、スタッフさん達が苦心してくれています。手術台に寝ると天井にアンパンマンが貼ってあったり、あちこちに楽しい仕込みもいろいろ。白内障の患者さんには不思議がられることも多々ありますが・・
多恵副院長が色々見聞きしてきてくれた中には「医療者も歌を歌い、踊りながら入室する」なんてのもありました。・・いいかもしれません。
本日のおたのしみ弁当はいつものぴえろ弁当さん。安定の美味しさです。


突然の来訪

301021NHK5

先週、診察中突然に鶴瓶さんが来院されました。NHKの「鶴瓶の家族に乾杯」が今回米子市だったようです。ゲストはなんと柔道オリンピック三冠の野村忠宏さん!お二人とも優しくてお話も面白くて気配りもされる素敵な方たちでした。
最初院長は患者さんを診察中でご挨拶できませんでしたが、後ほど鶴瓶さんが戻ってきてくださり色々お話するうち、長男坊が野村さんの大ファンで著書の「戦う理由」をバイブルのように愛読していることをお伝えしたところ、今度は夕方に野村さんがまた訪ねてきてくださいました。
長男坊はもちろん不在ですが、丁度次男坊が小学校から帰ってきて野村さんとお話したりサインをもらったり技をかけさせてもらったり、と大サービス頂いたそうです。夜帰宅したお兄ちゃんが地団駄踏んで残念がったのはいうまでもありません。2年前に開星中学・高校に大塚製薬の部活応援キャラバンで野村さんがおいでになった時からすっかり憧れてしまったようです。「そんなに尊敬してるんだ?」とうっかり聞いたら野村さんの略歴から、医学博士をお持ちで文武両道でいらっしゃることや、脱力の柔道が・・等々止まらなくなって大変でした。
残念だったね〜なんて言ってたんですが、なんとその後NHKのご厚意で長男から野村さんへのメッセージを撮影いただくことに。
またたまたま今週には野村さんがまた開星中学・高校へ講演会と柔道部への指導にきてくださり、そこで直接お会いできてお話&サインいただけたようです。長男坊、野村さんの前では借りてきた猫のようにおとなしかったらしいですが、帰宅したあとは近年見たことがないくらい興奮してました。「まあちょっとおちつけ!」と何度言ったことか、よっぽど嬉しかったようです。ありがとうございました。
11月12日 19:30から放送のようです。当院も映るかも? ぜひご覧ください。

301021NHK1 301021NHK3


少年柔道教室&車中泊

日曜は開星柔道クラブの遠征で次男坊が島根県浜田市、石見武道館で開催された少年柔道教室へ参加してきました。
今回は次男坊の熱烈な希望でお父ちゃんと二人、前夜車中泊です。土曜夜、次男坊の柔道練習後一路浜田へ。途中多伎町ではいちじく温泉に入り、また道中で適当に食事をして23時前には以前も泊まった道の駅「ゆうひパーク浜田」着。

301014車中泊2

いつも全ての窓に銀色の発泡レジャーシートを切った手製の目張り(はめ込むだけ)をするのですが、これが断熱効果が高くて冬でも暑いくらいになります。今回も次男坊とお父ちゃんのムチムチ二人組で多分暑いだろうと新兵器も持参しました。

301014車中泊1

夏前にネットを参考に作った換気扇です。プラダンボール、USBファン、High Lowスイッチで制作時間30分ほど(笑)。古いモバイルバッテリーでも一晩くらいは余裕で動きます。やはり少しムシムシしてたので早速使って見たのですが・・・効きすぎました。Lowでもあっというまに寒くなって一時間もせずに切る事に。来夏まで出番はなさそうです・・。


院内研修〜緑内障・キサラタン〜

昼休みはファイザーの担当さんがおいでになり、緑内障と同社の治療薬キサラタン®(ラタノプロスト)点眼について解説してくださいました。
院長は手術中にて失礼してしまいましたが、石倉副院長、スタッフさんたちが参加してくれました。
キサラタンが現在の緑内障治療でPG製剤が第一選択として用いられるようになった先駆けの薬で、発売から随分たちますがいまだに一番頼りにすることが多い点眼です。 ご多忙中、解説ありがとうございました。>ファイザーさん


第102回鳥取大学眼科研究会

301006鳥大研究会

土曜日夜は視能訓練士さんと共にワシントンホテルプラザて開催された第102回鳥取大学眼科研究会に参加してきました。
鳥取大学の先生方から一般演題三題の後、特別講演は高知大学医学部准教授福田憲先生から「一日一膳で治るアレルギー」と題してお話しくださいました。経口免疫寛容を利用した減感作療法のお話しで大変面白い内容でした。遺伝子組み換えにて抗原を発現したお米を主食として食べているだけで花粉症が治るという夢のようなお話で、現在スギ花粉だけではなく、シラカバ、ブタクサ、ダニなども研究されているようです。そのほかドライアイとアレルギーの関係や、薬剤耐性菌の問題に関連して細菌感染に対するバクテリオファージを用いた療法のお話もありました。
近い将来、アレルギー、細菌感染症に対する治療がガラッと変わるんでしょうか?非常に楽しみです。


瀬戸内眼科コロシアム

290916瀬戸内2

土曜日の午前診終了後、車で急ぎ岡山へ。岡山国際ホテルで開催された瀬戸内眼科コロシアムへ今年も参加してきました。会場は高速をおりてから市内を通り抜けて行かなくてはいけないのですが雨の岡山市内、混みすぎです。たどり着いた時には白内障と緑内障セッション終わってしまいました。残念でしたが、一番聞きたかったメディカルレチナのセッションは最後でよかったです。
普段日常診療でよく見かける中心性漿液性脈絡網膜症では脈絡膜の肥厚、脈絡膜血管拡張が見られるというのは聞き及んでいますが、それらの脈絡膜変化を備えた
Pachychoroid関連疾患という疾患概念ははじめて知りました。大変勉強になりました。
しかしまあ昨年に続き今年も台風直撃でした。チャーミーなんて可愛らしい名前ですがとんでもないです。初日も例年より随分参加者が少ない印象でしたが、二日目のほうは残念ながらのキャンセルとなってしまいました。


院内研修〜消防訓練〜

300925勉強会1300925勉強会2
(火)昼休憩は月例の院内勉強会。今回は消防訓練でまた消防署から講師においでいただきました。診療中の出火との設定で訓練通報や患者さん役を誘導避難、等々実際のロールプレイも行いました。最後は外にでて実際の消火器を用いた訓練です。消火器、といっても中身は水ですが非常に強力です。この夏も次男坊と強力水鉄砲を求めて色々やっていた院長、興味津々です。ちょっとほしい・・・。
お忙しい中、ご指導有難うございました。