院内研修〜抗VEGF療法、緑内障点眼〜

301113勉強会

昼休みはアルコンの担当さんがおいでになり網膜静脈分枝閉塞症(BRVO)に対する抗VEGF抗体療法のお話と、また同社も緑内障点眼の補助具を開発されたとのことでその紹介も頂けました。抗VEGF抗体療法のお話では製剤の構造の違いと全身合併症への影響、また黄斑浮腫後の視力予後不良に関係のある所見のお話を伺いました。また緑内障点眼はご高齢の方や手先の不自由な方(パーキンソン、リウマチ等)などは特に点眼困難が問題になります。これらの方は補助具を使用することで成功率を上げることが出来る場合があります。他社さんにもありましたが今回アルコンさんは2色準備されたとのことで、複数の点眼をされる方には間違い防止に良さそうです。ご多忙の中ありがとうございました >アルコンさん。
それぞれ自社の点眼にしか対応できないところはやむを得ませんが、汎用性のある「らくらく点眼」という補助具も当院では扱っておりますのでお困りの方はご相談ください。

第11回鳥取県中西部眼科研究会

301110JOY

土曜日夜はANAクラウンプラザホテル米子にて開催された第11回鳥取県中西部眼科研究会に参加してきました。
特別講演として岡山大学の内藤知子先生から「緑内障診療ブラッシュアップ」と題してのお話でした。点眼アドヒアランスにつづいて、先般改定となった緑内障ガイドラインも踏まえて早期緑内障である前視野緑内障(PPG)の治療についてのお話もありました。機器の発達により通常の視野検査で異常が出る前段階という早期で見つかる方も増えているのですが、治療を始めるタイミングに悩むこともしばしばです。眼圧や乳頭出血といった悪化の危険因子、また患者さんの余命との兼ね合いなど詳しく解説していただき大変勉強になりました
また以前出雲の研究会でも拝聴しましたが、現在第一選択薬であるプロスタグランジン(PG)製剤の副作用による治療の妨げのお話もまた詳しく伺うことができました。DUES(上眼瞼溝深化)による眼圧測定困難や、とくに眼瞼硬化による緑内障濾過手術後の成績不良は今後の日常診療で点眼薬を選択する上で大変参考になりました。ありがとうございました。


院内研修〜緑内障ガイドライン〜

301106勉強会1301106勉強会2

昼休みは千寿製薬の担当さんがおいでになり、先般改定になった緑内障ガイドライン第4版について解説してくださいました。概要と特に重要なポイントをかいつまんでお話くださり、スタッフさんにもわかりやすい内容だったと思います。
ご多忙の中、ありがとうございました。